2021年8月27日 (金)

ウシガエル駆除 22匹目

Kimg01251

今朝、第二はす池の排水溝横の木道の下に隠れていた大型のウシガエルを1匹釣り上げました。

この個体もメスで、なぜか第二はす池のウシガエルはメスばかりです。

幸いなことにオスが少ないせいか、ここ何年もジャンボオタマジャクシの姿はほとんど見かけません。

 

Img_01011

一方、こちらは昨夜、第一はす池の藤沢メダカの放流区内で撮影したジャンボオタマジャクシです。

既に後ろ足が生えてきており、近いうちに変態してカエルになります。

他にもたくさんいそうなので、枯蓮を除去して減水させ駆除する必要があります。

第二はす池に対して第一はす池はオスが多く、いつの間にか産卵していたのでしょう。

池本体でなく、隔離されたエリアなので何とか減らせると思います。

 

Img_00981

これも昨夜、第一はす池で撮影した大型のウシガエルです。

これとは別に第一中島でオスのウシガエルの鳴き声が聞こえるので、あと数匹は大型が生息しているようです。

2021年8月11日 (水)

ウシガエル駆除 21匹目

Kimg01111

今朝は第二はす池でメスの中型ウシガエルを1匹捕獲しました。

前回釣り上げて針を外した際に逃げられてしまった個体だと思います。

第二はす池ではメスの捕獲が8割を超えていますが、連日、蓮の中で大型のオスの個体がウーウーと

鳴いており、岸からは遠く狙うことができません。

2021年8月10日 (火)

水面清掃

Kimg01062

台風と温帯低気圧が抜け、風雨で散った誠蓮の花弁や花托、落ち葉が南側の水面に漂っているため、

今朝は木道からタモ網を使ってすくい取り清掃を行いました。

 

Kimg01091

1時間ほどで南西角の井戸水が湧きだしている箇所はきれいになりました。

本来ならばこの時期も誠蓮の開花が続いているのですが、水面上には多くのアブラムシの死がいが浮いて

おり、新たな花芽が枯れているようです。

 

Kimg01101

投げ捨てられたペットホドル製のトラップなども合わせて回収しました。

2021年8月 4日 (水)

オオヨシゴイの飛来

Kimg01001

今日の正午前に、第二はす池にオオヨシゴイと思われる水鳥が飛来しました。

二つ折り携帯電話で撮影したので不鮮明ですが、個体の大きさや特徴からオオヨシゴイと思われます。

 

Kimg01031

こちらは同じく携帯電話で撮影したもので、コイの幼魚です。

池の水質が改善し、透明度か良くなり撮影できました。

大きさにして10~12cm程度で、口ひげがあるので、銀ブナではなくコイのようです。

違法放流されたコイが一昨年や今年にの春に産卵行動をしていたので、孵化して育っているものと思われます。

オオヨシゴイが立ち寄ったのも、上空から手ごろな魚を見つけたのかもしれません。

小型のウシガエルやアメリカザリガニも捕食してくれることを期待しています。

ウシガエル駆除 20匹目

Kimg00941_20210804083401

一昨日は第二はす池で大型をバラし、昨日も第二はす池で小型のウシガエルをバラしてしまいましたが、

今朝は第一はす池で中型のオスのウシガエルを釣り上げました。

これまで捕獲したウシガエルは第一、第二はす池共に各10匹となりました。

ちなみに第一はす池はオスが7匹、メスが3匹でオスが多く、第二はす池ではオスが2匹、メスが8匹と

メスが多いのが特徴です。

大きさは20匹中、大型が4匹、中型が8匹、小型が8匹となっています。

2021年8月 2日 (月)

8月のアゾラ駆除① モンスター級ウシガエルをロスト

Kimg00932

前回のウシガエル駆除の際に発見した第一はす池のアゾラですが、今朝も東岸と西岸で繁殖しているのを見つけました。

ヨシが池側にかぶさっている箇所が多いため、明日以降にウェーダーを履いて池に入り、バキューム駆除を行います。

 

第二はす池では20匹目となるウシガエルがヒットしましたが、あまりの大きさで引き抜こうとしたところ、針かがりが

甘かったのかバラしてしまいました。

これまで捕獲した最大サイズより一回り大きく、大物を逃してしまいました。

ちなみにカルガモのヒナは大きくなり、ウシガエルやカラスに襲われる心配はなくなりました。

2021年7月31日 (土)

再びアゾラ発生

Kimg00911

久しぶりにウシガエルの駆除に出かけ、第一はす池の岸辺をチェックしたところ、排水溝付近でアゾラが繁殖して

いるのを発見しました。

今年2月に最後の燃焼駆除を行い、その後の再発生が無かっただけに、このアゾラは他のエリアからカルガモが

捕食して運んできたものと思われます。

メンバーが調査依頼した話では、特定外来生物に指定されているアゾラ・クリスタータは近類種と交雑しており、

性質も変化しているとの事です。

今回は30株程度を取り除きましたが、繁殖が進む前にチェックしてすべてを取り除く予定です。

 

 

2021年7月25日 (日)

7月の定例清掃(落ち葉清掃とベッコウダケ除去)

Img_00801

今日は7月の最終日曜日で、朝6時半から定例清掃を行いました。

はじめに第一はす池横広場にて、水不足で落ちた河津桜の枯れ葉清掃を行いました。

 

Img_00831 Img_00821

続いて桜小路公園内と路上の落ち葉清掃を行いました。

 

Img_00891

次に第二はす池の林の落ち葉清掃を行いました。

 

Img_00851

最後に今年3回目となる桜小路公園内のソメイヨシノのついているベッコウダケの除去を行いました。

 

Img_00841 Img_00861

バールでそぎ取ってほじってみてると、かなり深くまで入り込んでいました。

 

Img_00781

今日は11名が参加し、一部のメンバーはビーチクリーンと辻堂地区の小学校のプール清掃に出かけていきました。

皆さま、暑い中お疲れさまでした。

2021年7月16日 (金)

ウシガエル駆除 19匹目

Kimg00861_20210716092601

9日ぶりに19匹目のウシガエルを捕獲しました。

第二はす池の木道の下に潜んでいた中型のメスウシガエルで、お腹の中に硬いものがあり、

アメリカザリガニかミシシッピアカミミガメの赤ちゃんを食べたようです。

外来種が外来種を食べるという食物連鎖・・・。

ちなみに2023年からアメリカザリガニとミシシッピアカミミガメも特定外来生物に指定される

との事で、はす池からの持ち出しや、飼育しているものの放流も違法となります。

次々に駆除対象が増えるので、どうしたものでしょうか?

2021年7月11日 (日)

排水溝付近の草刈り

Kimg00841

第一はす池の排水溝付近では、毎年蔓科の植物がヨシやヨモギなどに絡みつきそれらを弱らしています。

草刈り機を使用しても蔓が絡みついて刈りづらいので、昨朝と今朝は刈込鋏で侵襲エリアを刈り込みました。

カルガモや蓮の花を撮影に来られたメンバーのTさんも一時帰宅して、刈込鋏を持参して途中参加され、

1時間半ほど作業を行いました。

刈り取った草は、後日、土手の修復に利用します。

2021年7月 7日 (水)

ウシガエル駆除 18匹目

Kimg00811
今日は正午過ぎに第一はす池の藤沢メダカの放流区内で小型のオスのウシガエルを釣り上げました。

もう一匹大型のウシガエルが入り込んでいますが、ネズミ型のルアーを学習してしまったようで、

目の前に落としても無反応です。

2021年7月 6日 (火)

ウシガエル駆除 17匹目 落ち葉清掃

Kimg00731

今朝第一はす池の藤沢メダカの放流区内で釣りそこなったウシガエルを正午過ぎに再チャレンジし

捕獲しました。

オスの中型(やや大きめ)です。鼓膜が目より大きく、のど元が緑色になっていのがオスの特徴です。

その他にも同程度のサイズと大型のウシガエルが放流区内にいるのを確認しましたが、ルアーを見

慣れてしまっているのか無反応でした。

日を改めて捕獲したいと思います。

ここに3匹いるという事は産卵のために集まっている可能性があります。

 

Kimg00741

第一はす池の舞妃蓮の花はピークを過ぎましたが、第二はす池の誠蓮が見頃になってきたので、

ウシガエルを捕獲したあとに、第二はす池の林の落ち葉清掃を行いました。

少しさっぱりしました。

2021年7月 4日 (日)

路上清掃 泥のかけ流し

Kimg00721

昨夕、カルガモの様子とウシガエル駆除のためはす池に行ったついでに、

連日の大雨で桜小路公園から流れ出した土砂のかけ流し清掃を行いました。

ポリ肥ひしゃくで池の水をくみ上げ路上にかけ流し、竹ぼうきで池側に流

し落としました。

作業中、ランニングから帰宅中のHさんが通りかかり、2名で1時間弱で

路上やウッドデッキがきれいになりました。

数年前まで、桜小路公園の広場には芝や雑草が生え、土砂の流出は少なか

ったのですが、コロナ禍になり子ども達が多く集まり走り回っているため

草がなくなり、土が多く流れ出しています。

新型コロナは多方面に影響しています。

 

2021年7月 3日 (土)

排水溝と雨水升の清掃 はす池と境川の様子

今朝は5時半に緊急速報メールの音に起こされ、梅雨前線による大雨で隣接地域地域の崖下などに

お住まいに方へ避難のお知らせがありました。

Kimg00621

その後、はす池に向かい井戸ポンプを停止させ、排水溝の清掃とはす池周辺の雨水升のグレーチングに溜まった

落ち葉などを取り除きました。

通常水位より10cmほど増水していますが、順調に排水しているようで道路冠水はおきない模様です。

 

Kimg00651

第一はす池の藤沢放流区は満水となりオーバーフローしています。

メダカについては走水性なので、よほどの事がなければ池側に流れ落ちることは無いと思います。

 

Kimg00591

カルガモ一家も5羽のヒナがおり、無事に過ごしています。

 

Kimg00691

住まいの近くの下藤が谷公園の入り口は大雨で道路冠水していました。

公園の南側の海抜2mの道路も冠水しており、ご近所の方が車を非難させていました。

 

Kimg00701

境川は避難判断水位近くまで増水しましたが、干潮に向っており、雨脚も弱まってきたので氾濫の恐れは

なさそうです。

2021年7月 2日 (金)

排水溝の清掃とベッコウダケの除去

Kimg00551

今朝も蓮の花の開花状況やカルガモ親子の様子を確認しながら、公園や池周辺の日常清掃を兼ねて、排水溝の

清掃を行いました。

昨日からの雨で藤沢メダカの放流区はオーバーフロー直前ですが、池本体側は順調に排水しているので、逆流

して藤沢メダカと他のメダカとの交雑はお無いと思います。

ちなみにカルガモ親子は5羽のヒナが元気に広場を歩き回っていました。

孵化から10日程が経過し、一回り大きくなったので、ウシガエルに捕食される可能性は低くなっています。

一昨日に夜回りをしたところ、夜行性のウシガエル(中型)を4匹ほど確認しました。

21時過ぎにも関わらず、カルガモ親子が池の中泳ぎ回り、エサ探しをしていました。

夜はてっきり母ガモに抱かれて寝ているものと思っていましたが、意外な行動にびっくりしました。

夜の捕食活動はウシガエルに襲われる可能性の高いのですが・・・。

 

Image367

こちらの画像は平成21年の大雨で第一はす池周辺が道路冠水したものです。

 

Image368

はす池は遊水地となっていますが、貯めきれなくなると周囲の雨水がはす池周辺の低地に集まり、

ご覧のようにマンホールから逆流してきます。

 

Image369

以前には何度もこのような道路冠水があり、車庫に停めていた車が浸水被害に遭いました。

平成28年に完成した鵠沼東部1号貯留管と分水管により、第一はす池横の藤沢鵠沼海岸線の地下

には約6000tの雨水を貯められるトンネルがあり、その後はここまでの被害は出ていません。

ですが、貯留量を超える降雨や排水が間に合わない場合もないとは言えませんので、ご近所にお

住まいの方は気をつけて下さい。

 

Kimg00581

約1ヶ月前に除去した桜小路公園のソメイヨシノの幹につくベッコウダケが再び生育しており、

数日前に都内で大木が倒れたこともあり、バールを使った除去を行いました。

ソメイヨシノの開花状況や葉の生育などからすると弱ってはいないようなので、すぐに枯れたり

倒木の恐れはないかと思いますが、樹皮にコケが付着していたり、小さなキノコのようなものも

あるので心配です。

2021年6月30日 (水)

ウシガエル駆除 15、16匹目

Kimg00501

今日も第二はす池で中型のメスのウシガエルを1匹。

Kimg00511

第一はす池の藤沢メダカの放流区内で小型のメスのウシガエルを1匹釣り上げました。

第二はす池に移動したカルガモのヒナ5羽は無事に成長しています。

2021年6月28日 (月)

ウシガエル駆除 14匹目 カルガモ一家移動

Kimg00481

今朝も第一はす池でウシガエルの捕獲を試みましたが反応が無く、昼休みに第二はす池にて中型の

ウシガエルを1匹釣り上げました。

 

Kimg00471

午前中、第一はす池にいたカルガモのヒナは7羽でしたが、午後は第二はす池の方に移動していました。

ですが、6羽しかいません。第一の方でウシガエルに食べられてしまったため、母ガモが第二の方に連れてきた

のかもしれません。

第二はす池では誠蓮に多くのアブラムシがいるので、駆除役としての活躍を期待しています。

2021年6月27日 (日)

ウシガエル駆除 13匹目

Kimg00451

朝に続き正午頃、第二はす池の木道の下に潜んでいた中型(中吉)ウシガエルを釣り上げました。

以前から木道の下で鳴き声を上げていた個体かと思います。

数日続けて釣れない日があると思えば、今日は好条件なのか運よく3匹もゲットできました。

問題は第一はす池に潜む大吉ガエルですが、ルアーを交換して狙うも姿無しです。

ウシガエル駆除 11匹、12匹目

Kimg00421

Kimg00431

昨日、第一はす池のメダカ放流区内で小型のウシガエルを1匹釣り上げましたが、今朝の定例作業後に

第二はす池で小型(名付けて小吉)と中型(中吉)のウシガエルを各1匹釣り上げました。

第一はす池では先週水曜日にカルガモのヒナが9羽孵化し、餌探しのため池の中や土手を行き来してい

ますが、すでに2匹がウシガエルの犠牲となったようで、今朝も池の3カ所から太い鳴き声が聞こえました。

警戒心が強い上、舞妃蓮の葉に覆われていて姿を確認する事が出来ません。

引き続き捕獲していきます

6月の定例活動(草刈り)

Img_0047

今朝は月末の日曜日という事で6時半から第一はす池で草刈りを行いました。

現在、舞妃蓮の花が見ごろとなっており、歩道側から観賞や撮影しやすいように、下草の丈を低くするよう上部を

鎌や刈込み鋏で刈り取りました。

土手には昆虫やカナヘビなどが生息しているので下部は刈り残しました。

 

Img_0045

柳の垂れ下がった枝や陽光桜の不要な枝も剪定しました。

 

Img_0050

今日はメンバーに加え、KFP鵠沼おやじパトロール隊からも多くの隊員さんが参加してくれて、予定時間の半分で

作業が終了しました。大勢でやると朝活は楽しいですね。

皆さま、ご協力ありがとうございます。

2021年6月25日 (金)

ペットポトル製のトラップ放置

Kimg00381_20210625062301

ここ数年、はす池で問題の1つとなっているのがこれです。

ペットボトル製のトラップ捕獲機(通称:地獄捕獲機)です。

以前は専門の捕獲機が売られていましたが、飲料用のペットポトルで簡単に作れるので、

500ml~2000mlまでの大きさの物がはす池でも使用され、主にクチボソを捕らえる事が

できます。

問題はこのようなものを使用したのち、そのまま池の中に放置されている事です。

一度入ると大半の魚が出ることができず、私たちのような管理人が回収しないと、中に

入ってしまった魚は死んでしまいます。

しかもペットポトルは自然界ではほとんど分解されないので、池の底に沢山沈んています。

昨年の冬からの井戸ポンプの24時間稼働と日々の排水溝清掃で水質が改善して、池の底まで

見えるようになったため、放置されているのをすぐに発見できるようになりましたが、

それ以前は放置された物にコケが付着して発見しににくくなっていました。

使用したらこれらの捕獲機やザリガニ釣りで使用した仕掛けなどは必ず持ち帰って下さい。

 

もう1つの問題は、捕獲した魚などの扱いです。

家の水槽で飼育する程度ならまだしも、飼育している肉食魚のエサや釣りのエサ、中には

販売目的と思われる捕獲もあるようです。

クチボソやヌマエビが違法に持ち去られている事があります。

藤沢市の都市公園条例により、無許可での動植物の採取は禁じられていますので、ルールを

守って下さい。

ルールが守られないと他の池のように釣り禁止となってしまいます。

親子でザリガニなどを釣ったり、自然観察ができる池ですのでご理解とご協力をお願いします。

2021年6月23日 (水)

朝活

Img_7714

今朝は、2009年度のPTAのお仲間からオファーがあり、第一はす池のラジオ体操後に、はす池の形成から現在に

いたる経緯や生態系について講話をしてほしいとの事で、6時半に隣接広場に集まりました。

 

Img_7716

冒頭では、鵠沼郷土資料展示室が作成した鵠沼地域の歴史的な変遷や境川や引地川の流れの変化から始まり、

戦後にはす池が洪水で形成され、次第に宅地化されていった事をお話ししました。

 

Photo_20210627131901

2 3

上から1946年、1978年、2018年の航空写真です。

戦後まもなくは現在のはす池のありません。

その後の境川の洪水で田畑や蓮田が浸水しはす池群が形成され、次第に埋め立てられ大半が宅地となりました。

その他に特定外来植物のアゾラ・クリスタータの駆除や舞妃蓮の移植、藤沢メダカの放流区の設置と放流などを

紹介しました。

私に続いて、鵠沼翡翠倶楽部のH氏から蓮やカワセミなどを撮影するコツなどのお話がありました。

 

Img_7718

最後に恒例の記念撮影をして解散となりました。

朝早くからお集まりいただきありがとうございます。

 

 

2021年6月22日 (火)

ウシガエル駆除 9匹目

Kimg00331

昨日は小型ですが、第二はす池にてウシガエル1匹を捕獲しました。

その後、第一はす池の東側で新たに大型のウシガエルを見つけましたが、ヒットには至りませんでした。

引き続き狙っていきます。

2021年6月21日 (月)

ウシガエルの駆除 8匹目

Kimg00321

今朝も第一はす池でウシガエルの駆除を行いました。

昨日、目撃していた排水口付近にルアーを投げ込みましたが無反応なので、排水路を覗き込んだところ

奥に潜んでいるのを見つけました。

左右はヨシに覆われて袋のネズミ状態だったので手づかみで捕獲しました。

サイズからすると、はす池では最大級で、顎の下が黄緑で鼓膜が大きいのでオスの個体です。

もう一匹、第一中島の方から太い鳴き声が聞こえるので次回はウェーダーを履き捕獲します。

2021年6月20日 (日)

ウシガエル駆除 7匹目

Kimg00311

今日も第一はす池でウシガエルの駆除を行い、藤沢メダカの放流区内で大型のウシガエルを1匹釣り上げました。

排水溝付近でもウーという太い鳴き声がするので、ヨシをかき分けて近づくと超大型級のウシガエルを発見しま

したが、警戒心が強く水中に潜れられてしまいしました。

同じポイントでルアーをシェイクしていると小型のウシガエルがヒットしましたが、針を外す際に手が滑って

逃げられてしました。

引き続き狙って行きたいと思います。

2021年6月19日 (土)

仕掛け等の放置

Kimg00261

毎朝の公園清掃の延長で、今朝は第二はす池内の清掃を行いました。

例年ですとこの時期、池の水はアオコが発生して緑色になり、池の底が見えないのですが、井戸ポンプの24時間運転と

日々の排水溝の清掃で、水質が改善し澄んだ水となりました。

結果、池の底に沈んでいるゴミが見つかるようになり、今朝はこれらを回収しました。

多いものはザリガニ釣りの仕掛けや魚獲りに使うペットボトルです。

特に簡単に作れるペットボトル製のビントウを池の中に放置すると、中に入った小魚が出られなくなり、餓死してしま

います。

使った後は必ず持ち帰って下さい。

赤い柄のタモ網は池の中に落としてしまったものかと思います。

お預かりしていますので、はす池の自然を愛する会の事務局までご一報下さい。

2021年6月18日 (金)

舞妃蓮の開花状況

Kimg00242

第一はす池の舞妃蓮は見頃になっています。撮影等は隣接広場側と蓮観デッキなどてお願いします。

自転車やバイクでお越しの方は、側道に停めると車両の通行の妨げになりますので、隣接する広場に駐輪して下さい。

車で来られる方の路上駐車は通行の妨げになりますので、近隣のコインパーキングに駐車して下さい。

最寄りのコインパーキングの中には30分100円と格安なところもあります。

2021年6月16日 (水)

ウシガエルの駆除 5匹目、6匹目

Kimg00181

今日は第一はす池横広場で健康遊具の講習会があるという事で、はす池に向かうと、職員さん数名で準備を

されていましたが、開始時間になると悪い事に強めのにわか雨が降り、急きょ中止となってしまいました。

私は講習会が始まるまで、第二はす池でウシガエルの駆除作業を行い、続けざまに2匹を釣り上げましたが、

1匹はキャッチ前に逃げられてしまいました。

その後、第二はす池の林の下で雨宿りして、30分ほどで雨が止んだため、第一はす池の藤沢メダカの放流区

内でもう1匹を釣り上げました。

今回はカルガモのヒナを飲み込むサイズではありませんでしたが、もう2~3年すると前回釣り上げたサイズ

に成長するため、とりあえず捕獲を続けていきます。

ちなみに第一はす池には最低3匹の大型ウシガエルがいます。蓮の葉やヨシの中に隠れ潜んでおり、かなり

ナーバスになっているため、捕獲は難航しています。

2021年6月14日 (月)

花壇の整理 日ごろの活動で思う事

Kimg00091

昨日の日中、第二はす池横広場の花壇の枯れたスイセンの整理を行いました。

 

近隣の公園予定である仮称:上藤が谷公園が公園化のため工事に入るとの事で、そちらの花壇に植えられた

植物を一時的に避難するため、メンバーから情報提供を受け、隣の花壇の除草も行いました。

今朝確認すると、はす池のメンバーが早速、一部ですが移植されていました。

 

上藤が谷公園の花壇は、奥にラベンダーを配置し、手前に季節に合わせたカラフルな草花を植栽し、

ハイセンスな方が手入れをされ、とても癒される花壇です。

良い土が使われており、私もはす池に向かう途中に毎回通るため、丁寧に管理されている事を知っていました。

この度、公園化のため、周囲には金網のフェンスが立ち、遊具も設置され、一部に芝が張られ、しばらくは、

子どもたちの立ち入りが制限されると思いますが、愛護会の倉庫の設置や花壇も作られると思いますので、

完成が楽しみです。

 

元は企業庁の社宅だったところで、私も幼少期は友人がおり、敷地内で遊ばてもらいました。

その後、住民は退去し、しばらく放置されていましたが、道を隔てて半分は宅地になり、残りが公園化され、

緑地を残した公園として市民の憩いの場となります。

綺麗になった暁には、マナー良く大切に利用していただければ、愛護会の管理も負担が少なくなると思います。

 

はす池や桜小路公園の周辺も、畑ばかりでしたがが周辺の宅地化が進み、利用者が増え、放課後に遊びに来る子

ども達を中心としたマナーの低下が目立っています。

飲食したお菓子の包装類や缶やペットボトルの放置、池の方でもザリガニ釣りに使うタコ糸や割りばし、クリップ

などの仕掛けや、小魚の捕獲のためのペットボトル製の捕獲機が放置されています。

池の中に放置されたペットボトル製の仕掛けの中に入り込んだモツゴが、外に出られず餓死している事があり、

回収しなければ、生分解もされず永久的なゴミと化します。

壊れた網、汚れた網や汚れたサンダル、帽子や上着、汚れたサッカーボール、プロテクター、野球グローブ、

キックスケーター、幼児用のバケツ、スコップなど、他種多様のものが置き去りになり、毎日片づけていますが、

放置が続いています。

長年、ご近所に住む方が毎日清掃を行ったり、この時期は蓮の花を見に来られた方が、小さなゴミを拾ってくれる

ケースもあり、みなさんの善意で公園がきれいになっています。

一人ひとりがマナーを守れば、そのような負担も掛かりません。

ピュアな子ども達の行動が誤った方向に行かないようにするのは、親や生活圏の住民が、しっかりと子どもたちを

教育し育てる事ではないかと思います。

頭ごなしに子ども達を叱っても、理解できない時期や、反抗期では逆なでするだけです。

理解してもらえるように、わかりやすく丁寧に熱意をもって伝えなくなくては改善できません。

見ていて見過ごしている事もよろしくありません。

どうぞ、ご理解とご協力お願い致します。

2021年6月 8日 (火)

蓮の花鑑賞に向けた草刈り

Dsc01595

今年は6/3から第一はす池の舞妃蓮か開花しはじめ、開花から5日の今日は62輪が開花中です。

例年のパターンですと14日目から21日目の間が開花数のピークとなっており、今日は花の鑑賞に向けて、フェンス沿い

の下草刈りを行いました。

こちらのフェンス沿いは道路幅が狭く、集合住宅前以外は、車同士のすれ違いはできないので、池につき出したデッキで

ご鑑賞下さい。

デッキが混雑する場合は、自転車はデッキ内には駐輪せず、隣接広場に停めて下さい。

フェンス沿いに自転車を止めている方を見かけますが、通行の妨げとなるため、広場の方に駐輪して下さい。

 

Dsc01596

こちらは市道:藤沢鵠沼海岸線の歩道です。

車道と歩道が分離しているので、こちらは安心して撮影もできます。

現在、近所の道路で舗装工事がおこなわれており、鵠沼高校側の歩道側に工事車両が駐車されているため、

警備員さんが片側交互通行を行っています。

周辺の路上に車を駐車すると、通行の妨げになりますので、柵に貼られた注意書きのように路上駐車はご遠慮

下さい。注意書きには近所のコインパーキングを記載していますので、そちらの方に停めて下さい。

2021年6月 7日 (月)

チャドクガの駆除とツバキの剪定、ウシガエルの駆除 4匹目

Kimg00031

今日は昼休みに、チャドクガが発生している第二はす池の西側入口付近のツバキの剪定作業を行いました。

前回の作業ではガスバーナーで葉に群がっているチャドクガを焼き落としましたが、今朝も同じツバキに

生き残った幼虫が付いていたので退治しました。

 

Kimg00041

その後、刈込み鋏でツバキを剪定すると、奥にもチャドクガの幼虫が群れていたので、合わせて

退治しました。

場所的に自治会の清掃用具などが保管されている倉庫の横なので、知らずに倉庫に近づいて被害に

遭っては大変です。

6月以外にも9月にチャドクガの幼虫は再発生するので、定期的なチェックと駆除が必要です。

お子さんたちが、時々公園でかくれんぼをしたりしていますが、気をつけるようお伝えください。

 

Kimg00051

5/28のブログでお伝えしました3羽のカルガモのヒナたちは、その後、全ていなくなってしまいました。

その張本人の1匹がこいつです。

前から藤沢メダカの放流区に中に潜んで、メダカや昆虫類を捕食していたウシガエルです。

時折、茂った舞妃蓮の中から鳴き声が聞こえていましたが、ようやくネズミ型のルアーで捕獲できました。

今期はこのサイズのウシガエルを3匹捕獲できましたが、声の大きさからして同サイズの奴が、どちらの

池にも数匹いるようです。

引き続き捕獲を試みます。

2021年6月 3日 (木)

ベッコウダケの除去

Dsc01591

今日は早朝に、桜小路公園内のソメイヨシノに発生しているベッコウダケの除去作業を行いました。

毎年湿気の多い時期になると樹皮の割れ目を中心に生育しています。

ほったらかすと幹の内部に菌糸が入り込むため、とりあえずバールではぎ取りました。

 

Dsc01592

この後、ガスバナーで焼く予定です。

2021年6月 2日 (水)

チャドクガ駆除と草刈り

Kimg00011

毎年6月と9月に発生するチャドクガの幼虫がいるとのメンバーからの情報を受けて、本日燃焼駆除を行いました。

5月末にチェックした時は見当たりませんでしたが、自治会の倉庫横と当会の倉庫横のツバキ、桜小路公園内の

サザンカの計3本に沢山ついていました。

子ども達が木の下に入るとかぶれてしまうので、毛を焼くように幼虫と抜け殻を丁寧に焼きました。

継続してチェックして行く予定です。

 

Dsc01585 Dsc01586

その後、来週予定している児童クラブのイベントに向けて、5/30にメンバーで荒刈りした第一はす池の土手を

草刈り機で刈り上げました。

鵠沼高校のグランドではサッカー部が練習をしていましたが、フェンス際を刈る際は、練習を一時休止してくれました。

ご協力ありがとうございます。

 

Dsc01587

第一はす池の舞妃蓮の方は、かなりの数の花芽が立ち上がってきており、明日朝、今期初咲きになりそうです。

観賞の際はマスク着用で密にならないようにしてください。

特に側道は狭く、車の通行で危険なため、広場側か対岸の歩道上、蓮観デッキ等で鑑賞や撮影をしてください。

自転車は広場内に駐輪して下さい。

お車で来場の方は、ご近所にコインパーキングがありますのでそちらをご利用下さい。

歩道横の路上駐車はご遠慮願います。特に鵠沼高校側の脇道で工事が行われており、工事車両が高校側の歩道脇

に駐車しているため、蓮観の方に路上駐車により通行困難になります。

ご理解とご協力よろしくお願い致します。

 

2021年5月30日 (日)

5月の定例作業(第一はす池の草刈り)

Dsc01578

今日は5月の最終日曜日という事で、第一はす池横広場に6時半に集合し、5月の定例作業で第一はす池の草刈り

を行いました。

今回ははす池の自然を愛する会のメンバーに加えて、KFP鵠沼おやじパトロール隊の鵠小隊、鵠中隊、鵠洋隊の

新隊員の方も参加いただきました。

作業前に自己紹介、続いてはす池の成り立ちやアゾラ駆除や蓮の植え付けなど、これまでの経緯を私と副会長の

Yさんから紹介し、その後、手分けてをして作業にあたりました。

 

Dsc01579

6/9の放課後に、ご近所の児童クラブの子ども達のイベントで第一はす池の柵の中に50人ほど児童が入るため、

活動エリアの下草を、鎌による手作業で刈り取りました。

 

Img_7157

刈り取った草は、土手の修復のため湿地帯であった箇所にヨシを敷き詰めた箇所に敷き詰めました。

 

Dsc01584

今週中には舞妃蓮の花も開花するので土手の下草が少なくなった事で、広場側からも鑑賞や撮影がしやすく

なりました。

ご参加いただきました皆様、朝食前だったと思いますが、ありがとうございました。

 

Dsc01582

今回は総勢10名にて1時間弱で予定の作業が終わりました。

最後にKFPの自転車隊のメンバーも加わり記念撮影を行いました。

ちなみにKFPにはお父さん方による様々な同好会があり、はす池の清掃や自然保護活動は同好会の原点とも

なっています。

現役隊員では30代から40代がメインに、OB隊員は50代を中心に和気あいあいと子育てしながら活動してい

ます。一緒に活動してみませんか?

詳しくはKFP鵠沼おやじパトロール隊のホームページをご覧ください。

2021年5月28日 (金)

たくましい3羽のカルガモのヒナ

Kimg01451

5/25の朝、第一はす池に若い母ガモが3羽のヒナを連れて現れました。

第一はす池の草むらで孵ったのかは不明です。

翌日、ご近所の方から母ガモが、先住のカモに追いかけられているとの事で、ヒナを残して母ガモがいなくなって

しまいました。

それから2日が経過しましたが、母は戻らず、ヒナたちはお腹が空くという本能で第一はす池内を泳ぎ回って、

エサ探ししています。

2週間ほど前から大きなウシガエルを捕獲していますが、ヒナを丸のみしてしまうサイズのカエルが最低でも

2匹はいるようなので、少しでも脅威を取り除く事しかできません。

水曜日にもカルガモ1羽が交通事故で亡くなったとの情報もあり、母だとしたら戻る事もないです。

ヒナたちが道路に出ているような事があれば、池に戻るよう誘導してあげて下さい。

2021年5月26日 (水)

ウシガエル(3匹目)とアブラムシの駆除

Dsc01569

昨朝、第一はす池で生まれたばかりの3羽の雛をつれたカルガモの親子を見つけました。

はす池で孵ったかは不明ですが、昨年孵った雛の何羽かはウシガエルに食べられてしまったようで、今回もそれを防ぐ

べく2週間程前から連日、ルアーを使っての駆除を行っています。

今朝も公園や池の清掃ついでに第一はす池のデッキの下にネズミ型のルアーを落としたところ、このウシガエルが

かかりました。

まだこれより大きいカエルがいるようなので引き続き狙っていきます。

 

Dsc01572

こちらは第二はす池のヨシに付いているアブラムシです。

毎年ヨシから誠蓮にアブラムシが広がっており、今回は手作業で退治しました。

 

Dsc01573

ウェーダーを履いて誠蓮をチェックしたところ、すでに広範囲にアブラムシが広がっており、3年前に行っていた

ガスバーナーを用いた駆除を行いました。

蓮を傷めない程度にトーチで炙り駆除をしていきます。

水面に落ちたアブラムシも漂流して浮葉や柄、花芽に登ってしまうので、水面に浮いているものも炙って退治しました。

 

Dsc01574

既に小さな花芽に沢山のアブラムシが取り付いています。

広範囲を見回りましたが、時すでに遅しのような感じて、蓮の葉の縁が全体的に赤くなって病気に罹っているようです。

昨年のようにカルガモの雛が第二はす池にやってきてアブラムシを食べてくれる事を期待しています。

 

Dsc01575

難を逃れた花芽も育っているので、来月初旬には開花しそうです。

 

Dsc01571

昨日のはす池調査では2匹捕獲できなかった藤沢メダカと思われる個体も見つけました。

蓮の葉やヨシに守られ数が増えるといいですね。

2021年5月25日 (火)

はす池調査と校外学習

Dsc01559

今日は第二はす池で藤沢メダカの学校をつくる会主催のはす池調査と鵠洋小学校6年生の校外学習会が行われました。

まずは3クラスが先着し、はす池形成から現在に至る歴史、諸問題やはす池の生態系について、私の方から講義を

行いました。

続いて藤沢メダカの学校をつくる会の会長さんからはす池で藤沢メダカが採取されたお話しや故郷のはす池に放流され

た経緯などの説明がありました。

 

Dsc01560

その後、神奈川県水産技術センター内水面試験所や新江ノ島水族館と川崎水族館の職員がはす池に入り、

魚類や甲殻類を採取しました。

 

Dsc01561

その後、採取した生き物の説明があり、今回獲れたアメリカザリガニ、ヌマエビが外来種である事、また先日捕獲して

おいたウシガエルや今日捕獲したカダヤシが特定外来生物であり、持ち出したり他の池に放流すると法律で罰せられる

事が伝えられました。

 

Dsc01562

子ども達も捕獲しておいたウシガエルに触ったしていました。

残りの3クラスも入れ替え制で、2万年から現在にいたる鵠沼地区の地形の変化も含め、はす池について学習しました。

 

Dsc01568

こちらは調査後に川崎水族館のスタッフさんが見つけた第一はす池のグッピーです。

水日前から尾ひれが赤いグッピーを見つけましたが、これは青黄色い尾ひれの雄のグッピーです。

仮に繁殖しても熱帯魚なので冬の低温で死んでしまうと思いますが、むやみに外来種を放流しないでほしいです。

2021年5月24日 (月)

はす池調査前の落ち葉清掃

Dsc01553

毎年6月に行われている第二はす池の調査が明日の午前中におこなわれるとの事で、今日は仕事の合間に

隣接する林の落ち葉清掃を行いました。エンジンブロアとクマデを使って1時間ほどできれいになりました。

 

Dsc01554

第二はす池の誠蓮も順調に生育しており、毎年発生しているアブラムシも今のところ見当たりません。

明日のはす池調査に合わせて鵠洋小6年生が調査のお手伝いを兼ねた校外学習があり、はす池の成り立ちや

生態系について講義をする事になっています。

 

Dsc01557

第一はす池の舞妃蓮も既に花芽が立ち上がってきており、早ければ5/31か6/1頃に咲き始めるかもしれません。

2021年5月19日 (水)

ウシガエルの駆除 2匹目

Dsc01552

昨日に続き、第二はす池で特定外来生物に指定されたウシガエルの駆除を行いました。

昨日捕獲した小型のウシガエルが潜んでいた箇所にネズミ型のルアーを落としたところ、波紋に気が付き

直にヒットしました。

個体の大きさや鼓膜のサイズからするとメスではないかと思います。

同じフラシに入れたので個体差が分かると思います。

 

2008年からのアゾラ・クリスタータの駆除活動当初は第二はす池ではウシガエルのオタマジャクシが見られ

ましたが、その後はジャンボオタマジャクシの大規模な繁殖はありませんでした。

 

隣接する第一はす池では一昨年にウシガエルの交配による繁殖があり、可哀想ですがオタマジャクシの段階で

駆除しました。

第一はす池では同程度の大きなウシガエルが最低でも2匹確認しています。

今日は警戒心が強いようで何度もアプローチを試みましたが無反応でした。

昨年はカルガモのヒナまで丸のみしていたようなので、今期は大型のウシガエルを捕らえたいと思っています。

2021年5月18日 (火)

ウシガエルの駆除 1匹目

Dsc01551

本日はウシガエルの駆除を行いました。

ウシガエルは食用として大正時代に輸入され、鎌倉市に第一号の養殖場が作られ、のちにエサとしてアメリカ

ザリガニも輸入され、逃げだしたものや人の手で運ばれ、日本各地へ広がっていきました。

大きな口で動くものは何でも食べてしまうので、昆虫はもとよりメダカや在来のカエルも食べてしまいます。

ウシガエルは特定外来生物に指定されています。

はす池では在来の水棲カエルはほとんどいなくなり、ヒキガエルが春に産卵に来るくらいでしたが、数年前から

アマガエルを見かけるようになり、今期は泣き声からするとシュレーゲルアオガエルがいるようです。

手始めに第二はす池にてヨシの中に潜んでいる小さめのウシガエルをネズミ型のルアーで1匹捕獲しました。

次に第一はす池に向かい蓮観デッキ下と第一中島にいる大型のウシガエルをねらいましたが、警戒心が強く、

捕獲には至りませんでした。

狙っている個体は、昨年孵ったカルガモの雛を何羽も捕食しているやつです。

幸いにも今期は産卵していないようなので、温かな時期にある程度駆除してしまえば、生態系への影響は少なく

できるはずです。

 

Dsc01550

ウシガエルの駆除中、第一はす池で舞妃蓮の花芽を見つけました。

このサイズからすると約2週間後には開花するので、例年より数日早く5月末から開花すると思われます。

いつもより早く梅雨入りしそうで、日照不足で開花のピークは例年通りの6月2~3週目になると思います。

2021年4月25日 (日)

4月定例作業(第一はす池フェンス沿いの草刈りと通路の草刈り)

Dsc01536

今日は4月最終日曜日という事で、第一はす池にて定例作業を行いました。

公園アプリのパークフルを運営する企業の協力を得て作成した、愛護会メンバー募集のチラシをみて、新規に

1名の男性が入会し、今朝は3名でフェンス沿いのヨシや下草を刈り取りました。

 

Dsc01537

早朝の作業のため静音の電動草刈り機で歩道沿いにはみ出している下草を刈り取りました。

 

Dsc01539

刈り取った下草は袋詰めにして運搬し、土手の修復のため3/17に低地に盛ったヨシの上にばらまきました。

 

Dsc01538

その後、5月にご近所の児童クラブが行うはす池観察会のために、通路となる個所の下草を刈り取りました。

Dsc01540

メダカの放流区付近も電動草刈り機で下草を刈り、通路を確保しました。

行事の前にもう一度刈り込む予定です。

2021年4月11日 (日)

土手の修復② 泥のすりつけ①

Dsc01532

3/17に第一はす池のグランド側の低地に、第二はす池のヨシを使って、土手のかさ上げを行いましたが、

今日は池の底の泥をひしゃくで掬い取り、さざ波で浸食された土手にすりつける作業を行いました。

事前にメンバーが刈り取った草や枝などをえぐれた箇所に押し込んでくれているので、その上から泥を盛

ってなだらかにすりつけました。

池の自体も雨により流れ込んだ土砂により浅くなっているので、作業により少しだけ水深が戻ると思います。

2021年4月 9日 (金)

4月のアゾラチェック

Dsc01529

2月末にアゾラの燃焼駆除を終え、残っていればそろそろ発芽するタイミングとなり、池の外周や中島周りをチェック

して回りました。

昨年はゴールデンウィーク中に駆除を行いましたが、この時期に再生がみられなければ今期の発生は無いものと思いま

す。

引き続き様子を見ていきます。

 

Dsc01530

舞妃蓮の方も順調に銭葉が発芽しています。

2ヶ月後の開花が楽しみです。

 

2021年4月 4日 (日)

2021年、枯蓮除去㉒ 袋詰め終了

Dsc01520

先週の日曜日に続き、今日も正午過ぎから第二はす池にて陸揚げした誠蓮の袋詰め作業を行いました。

今日はメンバー10名が参加し、開始から40分程度で袋詰めが終わりました。

 

Dsc01521

前回と合わせて、ボランティア用のゴミ袋にして57袋分と枯れ枝や廃材をガラ袋に入れ、入口横に集積しました。

 

Dsc01524

皆さん、いつもご協力ありがとうございます。

ワンちゃんも作業中、応援するように見守ってくれました。

 

Dsc01525

枯蓮除去を終えた第二はす池では、誠蓮の銭葉が開き始めました。

今年も大輪を沢山咲かせてくれる事でしょう。

2021年3月30日 (火)

2021年、枯蓮除去㉑ 枯蓮細断

Img_20210330_154343

今日は、次回4/4の枯蓮の袋詰めに向けて、枯蓮の細断作業を行いました。

前半は刈込鋏で細断していましたが、途中から草刈り機で切り刻んでフェンス際に集積しました。

 

Img_20210330_130508

前日からの暖かさで第二はす池横のソメイヨシノも満開となりました。

 

Img_20210330_130625

2週間前に刈り取ってもらったヨシも、一斉に新芽が伸びはじめてきました。

2021年3月28日 (日)

2021年、枯蓮除去⑳

Dsc01505

今日は3月末の日曜日という事で、定例活動として第二はす池にて陸揚げした枯蓮の袋詰め作業を行いました。

午前中にまとまった雨が降り翌週に延期と思いきや、予定時間になると雨が上がったため、12時半からガーデ

ンシュレッターで枯蓮を粉砕していると、翡翠倶楽部のYさんとKFPのTさん、ご近所のTさんの3名が来てくだ

さり、1時間半ほどの作業で全体の半分ほどを袋詰めしました。

 

Dsc01507

はす池は低地のため気温が低めで、周辺よりは開花が遅れているもののソメイヨシノの下で集合写真を撮りました。

残りの枯蓮は4/4(日)12時半から袋詰めの予定です。

2021年3月27日 (土)

枯蓮の袋詰め作業、雨天時は延期

Img_20210326_124345

明日3/28(日)12時半より第二はす池にて陸揚げした枯蓮の袋詰め作業を予定していますが、雨天の場合は

4/4(日)12時半からに延期とします。

袋や軍手等は用意しますので、メンバーの方、ご協力いただける方は、よろしくお願い致します。

2021年3月17日 (水)

第一はす池土手の修復

Dsc01496

昨日、業者さんが第二はす池のヨシを刈り取ってくれ、視界が開けて広くなりました。

 

Dsc01497

刈り取ったヨシは湿地化している第一はす池の土手の修復に使用するため、パッカー車で移動して広場に仮置きして

もらいました。

 

Dsc01500

メンバーのTさんに協力してもらい、山になったヨシを少しずつ柵の内側に移動し、流れ作業で増水すると水没する

箇所に盛りました。

 

Dsc01502

3時間半ほどで全てのヨシを湿地に盛り作業終了となりました。

数年をかけて堆肥になると思います。

 

Dsc01499

第一はす池横には先週から開花し始めた小彼岸桜が見ごろになってきました。

Dsc01498

同じく陽光桜も咲きはじめました。

蓮が無くすっきりしたはす池はこの時期限定です。

2021年3月15日 (月)

2021年、枯蓮除去⑲ 枯蓮の仕分け③

Dsc01495

今日も昼休みに第二はす池にて、これまで陸揚げした枯蓮の仕分け作業を行いました。

ガーデンシュレダーで裁断しやすいように、まっすぐな柄だけを選別して集積しましたが、何かに転用できるような感じです。

他の枯れ蓮を含めて、今月28日(日)の12時半から袋詰め作業を行いますので、ご協力お願い致します。

2021年3月14日 (日)

2021年、枯蓮除去⑱ 枯蓮の仕分け②

Dsc01494_20210315090801

今日も昼休みに第二はす池にて陸揚げした枯蓮の仕分け作業を行いました。

Dsc01491

第二はす池の大寒桜は見頃を過ぎつつありますが、第一はす池の小彼岸桜が開き始めました。

花びらは小さめですが淡いピンク色でとてもきれいです。

«2021年、枯蓮除去⑰ 枯蓮の仕分け①