« 2018誠蓮開花85日目 | トップページ | 2018誠蓮開花88日目 »

2018年9月 3日 (月)

2018誠蓮開花86日目

Dscf1438

今朝の第一はす池の誠蓮は約20輪が開花しています。
前夜にテレ東の池の水ぜんぶ抜くが放映されました。
その中で、静岡のスッポン養殖場でウシガエルによるスッポンの幼体の食害が紹介されました。
養殖場に隣接する荒れ果てた池は沢山のガマが生え、水面は特定外来植物のアゾラ・クリスタータと
思われるものに被われ、水中からは数多くのウシガエルのオタマジャクシが捕獲されました。
それ以外にもアフリカツメガエルも捕らえられました。
10年前のはす池を彷彿させるかの状況です。
第一はす池も全てのガマとヨシを刈り取り、アゾラをすくい取った事で、水鳥が飛来し、ウシガエルのオタマジャクシ
は捕食され繁殖率は激減しました。
その後、アゾラを駆逐するのに4~6年を要しましたが、ウシガエルやミシシッピアカミミガメ、アメリカザリガニなど
の外来種は積極的に駆除をしていないので、十分とは言えません。
しかし、蓮が増えた事で、モツゴやメダカなどの在来種も隠れ家が出来て、バランスは取れているようです。
生態系を維持する事はつくづく難しいと感じた放送でした。
不用意な放流が行われないよう願っています。

« 2018誠蓮開花85日目 | トップページ | 2018誠蓮開花88日目 »