« 12月の除草⑥ 第二中島のヨシ刈り | トップページ | 12月の除草⑥(年内最後の定例作業) »

2020年12月16日 (水)

第一はす池の花托の除去

Dsc01365

今日は第一はす池の舞妃蓮の花托の除去を行いました。

Dsc01366

花托に紛れて特定外来種の赤褐色のアゾラクリスタータが浮いています。

初夏から初秋にかけてバキューム駆除を行ってきましたが、見落としていた箇所から秋の胞子が放出され、

アクリル板で仕切られた藤沢メダカの放流区を除いて、第一はす池本体の岸際を中心に第一中島と第二中島

周囲にアゾラが広まっていました。

今後は来春までに蓮の茎(柄)や葉を乗り除き、風で吹き寄せられるアゾラを取り除き、水の増水で陸生化した

アゾラを取り除く必要があります。

Dsc01367

とりあえず一部にアゾラが付着しているものの、岸際や中島付近に漂着している花托をガラ袋に詰め込みました。

一袋に約300個、別途に事前に詰めたものを含めると3500個ほどを回収しました。

今年は約3800輪が開花したので、残り約300個が茎(花の柄)の先か水没していると思われます。

ちなみに今回、袋詰めしたものは特定外来生物法により、回収後は焼却処分となります。

« 12月の除草⑥ 第二中島のヨシ刈り | トップページ | 12月の除草⑥(年内最後の定例作業) »