« 12月の除草⑥(年内最後の定例作業) | トップページ | 2021年1月の枯蓮除去② モラルが問われる »

2021年1月 1日 (金)

2021年1月の枯蓮除去①

Dsc01376

新年を迎え、午前4時にだれ一人いないご近所の神社に初詣し、午後から第一はす池にて舞妃蓮の枯蓮除去を

行いました。

 

Dsc01378

ネオプレーンウェーダーを履きプラ船を曳きながら、昨年の初夏に多くの花を咲かせてくれた舞妃蓮の茎(柄)や葉、

花托などを思い浮かべながら、1本一本取り除き陸揚げしました。

 

Dsc01377

ボランティアによる清掃では原則的に除草したものは袋詰めして集積し廃棄依頼しますが、枯蓮については乾燥し

たのちに袋詰めしようとすると硬くなってビニール袋が切れてしまうため、茎を数本摘み取っては袋に入れやすい

ように、20cm程度に折りプラ船に載せて陸揚げしていました。

しかも毎年ガラ袋を購入していたため、他の公園に比べると経費が掛かっていました。

今期はご寄付で購入させていただきましたガーデンシュレッダーで枯蓮を裁断するので、さしあたり折らずに陸揚

げしました。

1時間半ほどで西ワンドの枯蓮と枯ヨシを取り除きました。

例年より1/3ほどの時間で取り除けたと思いますが、その後の作業もあるので、今後の手間がどうなるのかと・・。

 

Dsc01375

第二はす池では首輪をつけていない野良猫が日向ぼっこをしていました。

毎日、池周辺や公園で作業しているメンバーのHさんのホームページでも紹介されている猫です。

同じ場所、同じ構図ですので、寒い時期のお気に入りの場所なのでしょう。

我が家にも3匹の保護猫がいますが、この時期の日向ぼっこは気持ち良さそうで癒されます。

« 12月の除草⑥(年内最後の定例作業) | トップページ | 2021年1月の枯蓮除去② モラルが問われる »