« 2月のアゾラ駆除⑤ 燃焼駆除② | トップページ | 2月のアゾラ駆除⑥ 燃焼駆除③ »

2021年2月17日 (水)

2021年、枯蓮除去⑩ 集積廃棄

Dsc01439

年明け元日から第一はす池の舞妃蓮の枯蓮除去を行い、陸揚げした枯蓮を1/31に袋詰めし、2月からの残存する

特定外来生物のアゾラ駆除に伴ったガラ袋を、本日、第一はす池横に広場の入口に集積しました。

前回も昨年12/20の集積した袋を池側のロープで仕切られた箇所に袋を仮置きしていました。

今回も同様に約3週間仮置きしていましたが、ここ数日の強風で袋が土手や池の中に散乱する状態となったため、

ボランティアが集めたゴミの回収として広場の入口に集積しました。

本来、他の公園では作業後にすぐに集積して回収してもらうのですが、はす池については一部の方の犬の散歩の

マナー(ドックランなど)が守られていないため、犬が池側に入らないように置いていました。

ご覧のように第一はす池広場に植えられた河津桜が開花し、まもなく見ごろとなります。

皆さんがスマホなとで写真撮影されると思いますが、ゴミ袋が置かれていたり、風で散乱していたら、どんなに

きれいな風景でも・・・。

ボランティアが世代を超え、数十年も苦労して維持管理している場所です。

広場にも犬の糞が放置されだけでなく、みなさんが立ち入らない第一はす池の土手にも犬の糞が放置されています。

過去にボランティアが糞害のために去ってしまった方がいます。

私も以前に広場に残された糞に気付かず、草刈り機で吹き飛ばして衣服が汚れたり、今年も池側に放置されたもの

を踏んでしまった事もあります。

ここ数年、手作業で雑草を根こそぎ取り除き、在来の野草を残して、在来の生き物が棲みやすいようにするボラン

ティアが集まりつつあります。

先人たちが鵠沼の名残であるはす池を残すために苦労してきた事を知る身として、今後も大切にしていくために

ちょっとしたマナーや気遣いお願い致します。

« 2月のアゾラ駆除⑤ 燃焼駆除② | トップページ | 2月のアゾラ駆除⑥ 燃焼駆除③ »