« 4月定例作業(第一はす池フェンス沿いの草刈りと通路の草刈り) | トップページ | ウシガエルの駆除 2匹目 »

2021年5月18日 (火)

ウシガエルの駆除 1匹目

Dsc01551

本日はウシガエルの駆除を行いました。

ウシガエルは食用として大正時代に輸入され、鎌倉市に第一号の養殖場が作られ、のちにエサとしてアメリカ

ザリガニも輸入され、逃げだしたものや人の手で運ばれ、日本各地へ広がっていきました。

大きな口で動くものは何でも食べてしまうので、昆虫はもとよりメダカや在来のカエルも食べてしまいます。

ウシガエルは特定外来生物に指定されています。

はす池では在来の水棲カエルはほとんどいなくなり、ヒキガエルが春に産卵に来るくらいでしたが、数年前から

アマガエルを見かけるようになり、今期は泣き声からするとシュレーゲルアオガエルがいるようです。

手始めに第二はす池にてヨシの中に潜んでいる小さめのウシガエルをネズミ型のルアーで1匹捕獲しました。

次に第一はす池に向かい蓮観デッキ下と第一中島にいる大型のウシガエルをねらいましたが、警戒心が強く、

捕獲には至りませんでした。

狙っている個体は、昨年孵ったカルガモの雛を何羽も捕食しているやつです。

幸いにも今期は産卵していないようなので、温かな時期にある程度駆除してしまえば、生態系への影響は少なく

できるはずです。

 

Dsc01550

ウシガエルの駆除中、第一はす池で舞妃蓮の花芽を見つけました。

このサイズからすると約2週間後には開花するので、例年より数日早く5月末から開花すると思われます。

いつもより早く梅雨入りしそうで、日照不足で開花のピークは例年通りの6月2~3週目になると思います。

« 4月定例作業(第一はす池フェンス沿いの草刈りと通路の草刈り) | トップページ | ウシガエルの駆除 2匹目 »