« 朝活 | トップページ | 6月の定例活動(草刈り) »

2021年6月25日 (金)

ペットポトル製のトラップ放置

Kimg00381_20210625062301

ここ数年、はす池で問題の1つとなっているのがこれです。

ペットボトル製のトラップ捕獲機(通称:地獄捕獲機)です。

以前は専門の捕獲機が売られていましたが、飲料用のペットポトルで簡単に作れるので、

500ml~2000mlまでの大きさの物がはす池でも使用され、主にクチボソを捕らえる事が

できます。

問題はこのようなものを使用したのち、そのまま池の中に放置されている事です。

一度入ると大半の魚が出ることができず、私たちのような管理人が回収しないと、中に

入ってしまった魚は死んでしまいます。

しかもペットポトルは自然界ではほとんど分解されないので、池の底に沢山沈んています。

昨年の冬からの井戸ポンプの24時間稼働と日々の排水溝清掃で水質が改善して、池の底まで

見えるようになったため、放置されているのをすぐに発見できるようになりましたが、

それ以前は放置された物にコケが付着して発見しににくくなっていました。

使用したらこれらの捕獲機やザリガニ釣りで使用した仕掛けなどは必ず持ち帰って下さい。

 

もう1つの問題は、捕獲した魚などの扱いです。

家の水槽で飼育する程度ならまだしも、飼育している肉食魚のエサや釣りのエサ、中には

販売目的と思われる捕獲もあるようです。

クチボソやヌマエビが違法に持ち去られている事があります。

藤沢市の都市公園条例により、無許可での動植物の採取は禁じられていますので、ルールを

守って下さい。

ルールが守られないと他の池のように釣り禁止となってしまいます。

親子でザリガニなどを釣ったり、自然観察ができる池ですのでご理解とご協力をお願いします。

« 朝活 | トップページ | 6月の定例活動(草刈り) »