« 蓮の花鑑賞に向けた草刈り | トップページ | ウシガエルの駆除 5匹目、6匹目 »

2021年6月14日 (月)

花壇の整理 日ごろの活動で思う事

Kimg00091

昨日の日中、第二はす池横広場の花壇の枯れたスイセンの整理を行いました。

 

近隣の公園予定である仮称:上藤が谷公園が公園化のため工事に入るとの事で、そちらの花壇に植えられた

植物を一時的に避難するため、メンバーから情報提供を受け、隣の花壇の除草も行いました。

今朝確認すると、はす池のメンバーが早速、一部ですが移植されていました。

 

上藤が谷公園の花壇は、奥にラベンダーを配置し、手前に季節に合わせたカラフルな草花を植栽し、

ハイセンスな方が手入れをされ、とても癒される花壇です。

良い土が使われており、私もはす池に向かう途中に毎回通るため、丁寧に管理されている事を知っていました。

この度、公園化のため、周囲には金網のフェンスが立ち、遊具も設置され、一部に芝が張られ、しばらくは、

子どもたちの立ち入りが制限されると思いますが、愛護会の倉庫の設置や花壇も作られると思いますので、

完成が楽しみです。

 

元は企業庁の社宅だったところで、私も幼少期は友人がおり、敷地内で遊ばてもらいました。

その後、住民は退去し、しばらく放置されていましたが、道を隔てて半分は宅地になり、残りが公園化され、

緑地を残した公園として市民の憩いの場となります。

綺麗になった暁には、マナー良く大切に利用していただければ、愛護会の管理も負担が少なくなると思います。

 

はす池や桜小路公園の周辺も、畑ばかりでしたがが周辺の宅地化が進み、利用者が増え、放課後に遊びに来る子

ども達を中心としたマナーの低下が目立っています。

飲食したお菓子の包装類や缶やペットボトルの放置、池の方でもザリガニ釣りに使うタコ糸や割りばし、クリップ

などの仕掛けや、小魚の捕獲のためのペットボトル製の捕獲機が放置されています。

池の中に放置されたペットボトル製の仕掛けの中に入り込んだモツゴが、外に出られず餓死している事があり、

回収しなければ、生分解もされず永久的なゴミと化します。

壊れた網、汚れた網や汚れたサンダル、帽子や上着、汚れたサッカーボール、プロテクター、野球グローブ、

キックスケーター、幼児用のバケツ、スコップなど、他種多様のものが置き去りになり、毎日片づけていますが、

放置が続いています。

長年、ご近所に住む方が毎日清掃を行ったり、この時期は蓮の花を見に来られた方が、小さなゴミを拾ってくれる

ケースもあり、みなさんの善意で公園がきれいになっています。

一人ひとりがマナーを守れば、そのような負担も掛かりません。

ピュアな子ども達の行動が誤った方向に行かないようにするのは、親や生活圏の住民が、しっかりと子どもたちを

教育し育てる事ではないかと思います。

頭ごなしに子ども達を叱っても、理解できない時期や、反抗期では逆なでするだけです。

理解してもらえるように、わかりやすく丁寧に熱意をもって伝えなくなくては改善できません。

見ていて見過ごしている事もよろしくありません。

どうぞ、ご理解とご協力お願い致します。

« 蓮の花鑑賞に向けた草刈り | トップページ | ウシガエルの駆除 5匹目、6匹目 »