« ウシガエル駆除 15、16匹目 | トップページ | 排水溝と雨水升の清掃 はす池と境川の様子 »

2021年7月 2日 (金)

排水溝の清掃とベッコウダケの除去

Kimg00551

今朝も蓮の花の開花状況やカルガモ親子の様子を確認しながら、公園や池周辺の日常清掃を兼ねて、排水溝の

清掃を行いました。

昨日からの雨で藤沢メダカの放流区はオーバーフロー直前ですが、池本体側は順調に排水しているので、逆流

して藤沢メダカと他のメダカとの交雑はお無いと思います。

ちなみにカルガモ親子は5羽のヒナが元気に広場を歩き回っていました。

孵化から10日程が経過し、一回り大きくなったので、ウシガエルに捕食される可能性は低くなっています。

一昨日に夜回りをしたところ、夜行性のウシガエル(中型)を4匹ほど確認しました。

21時過ぎにも関わらず、カルガモ親子が池の中泳ぎ回り、エサ探しをしていました。

夜はてっきり母ガモに抱かれて寝ているものと思っていましたが、意外な行動にびっくりしました。

夜の捕食活動はウシガエルに襲われる可能性の高いのですが・・・。

 

Image367

こちらの画像は平成21年の大雨で第一はす池周辺が道路冠水したものです。

 

Image368

はす池は遊水地となっていますが、貯めきれなくなると周囲の雨水がはす池周辺の低地に集まり、

ご覧のようにマンホールから逆流してきます。

 

Image369

以前には何度もこのような道路冠水があり、車庫に停めていた車が浸水被害に遭いました。

平成28年に完成した鵠沼東部1号貯留管と分水管により、第一はす池横の藤沢鵠沼海岸線の地下

には約6000tの雨水を貯められるトンネルがあり、その後はここまでの被害は出ていません。

ですが、貯留量を超える降雨や排水が間に合わない場合もないとは言えませんので、ご近所にお

住まいの方は気をつけて下さい。

 

Kimg00581

約1ヶ月前に除去した桜小路公園のソメイヨシノの幹につくベッコウダケが再び生育しており、

数日前に都内で大木が倒れたこともあり、バールを使った除去を行いました。

ソメイヨシノの開花状況や葉の生育などからすると弱ってはいないようなので、すぐに枯れたり

倒木の恐れはないかと思いますが、樹皮にコケが付着していたり、小さなキノコのようなものも

あるので心配です。

« ウシガエル駆除 15、16匹目 | トップページ | 排水溝と雨水升の清掃 はす池と境川の様子 »